賃貸物件に見合う収入

賃貸に住むには審査が必要


トップ

もっと情報一覧

賃貸物件の審査について

社会人生活をしていると賃貸物件を探される方は多いです。しかし、希望の住宅を探すのは一苦労でもあります。特に、1月から3月にかけては新生活に向けて物件を探される方も多くいますので、不動産屋さんは大賑わいです。条件は様々ありますが、入居するには審査が必要になります。これが通らない場合は、いくら希望の物件が見つかっても住むことが出来ないです。身元が判明していて、ある程度の収入があれば住むことは可能となります。しっかり働いていれば賃貸物件は借りることが出来ます。そして何より、収入に合わせた物件選びが出来れば審査は問題なく通ります。

家を借りる場合の審査とは

賃貸契約の前には必ず、家賃を継続して支払える能力があるかや、支払えない場合の担保としての連帯保証人について、同じような審査が行われます。契約書に書く項目は、住所・氏名、勤務先、勤務年数、年収など多岐に渡りますが、その中でも重視されるのは、毎月安定した収入のある職業に就いているかと言う事です。またそれに加え、連帯保証人欄の人物が、入居者に代わって十分な支払い能力があるかと言う事も、重要視される項目です。そうした意味からも、職業がフリーターのような不安定な職、不安定な収入である事は賃貸契約を結ぶ際には大いに不利ですし、それ以外の部分、例えば記載された電話番号、住所と言った基本的な項目に故意のウソが発覚した場合も、審査に通らないのが普通です。