審査が必要な賃貸契約

賃貸を借りる際に必要な物


トップ » 賃貸を借りる際に必要な物

もっと情報一覧

賃貸審査における収入証明

賃貸契約の審査においては、収入証明が必要な場合があります。まず最初に断っておきたいのは、審査基準は、家主もしくは管理会社によって異なるということです。とはいえ審査には大まかな傾向というものがあり、収入で言えば、家賃が収入の1/3以下に収まっていることを条件とするところが多いです。例えば、家賃が¥70,000.-であれば、70,000(家賃)×12(ヶ月)×3(倍)という計算になりますから、年間収入が最低¥2,520,000.-あればOKということになります。しかしながら保証人の収入がそれを下回るとアウトになるケースがあります。収入証明や源泉徴収票が必要か否かは家主もしくは管理会社によって異なりますが、賃貸を借りるために、必要な場合がほとんどでしょう(保証人が必要な場合は保証人の分も)。

借りるときには収入証明を

新生活を始めるときにお世話になるものに、賃貸住宅があります。その時に求められるものに収入証明があります。もちろん、大家さんによってはいらないという人もいますが、たいていの場合必要になるので用意しておきましょう。それに、物件を借りるためには、何かの証明がないと難しいと言えます。確実に賃貸物件を借りたいのであれば、収入証明を見せるといいです。なぜならば、ある程度の収入があれば家賃をしっかりと払ってもらえるという安心感を与えることができます。安心感を与えれば、断れることはまずないと言えます。万が一不要であったとしても、証明書は用意しましょう。