賃貸でのトラブル責任

賃貸の水漏れ費用の負担は


トップ » 賃貸の水漏れ費用の負担は

もっと情報一覧

賃貸物件で水漏れが発生した場合

水漏れなどが発生した場合は、まずは業者を呼ぶべきです。賃貸物件などで、事前に指定の業者があるのならば、利用しましょう。借りている物件ならば、大家さんがいるはずです。基本的に大家さんの負担になります。例外もあり、契約書などに借主が負担する旨が書いてあれば、当然借主が負担することになります。つまり、賃貸契約書はしっかりと見ておかないと再度水漏れが発生した場合、余計な出費をすることになります。もちろん、自分で直すという方法もあるので、大家さんと余計なトラブルになりたくない人は直す手段を調べておきましょう。

水漏れトラブルについて

洗濯機のホースが抜けてしまったなど、不測の事態で賃貸マンションを水浸しにしてしまったときは、あわてずに大家さんへ連絡をいれましょう。水道など家に付属している品の老朽化・配管の掃除が行き届いていなかったためという理由であれば、物件の適切な管理責任を持っている大家さんが賠償することになります。そのような水漏れ事故に備えた保険に加入しているのが一般的ですから、契約している保険会社が代行して、費用に係る事後処理を行うことになります。あきらかに本人の責任となった時も保険に入っているようでしたら、そこからの賠償となることになります。まずは賃貸物件の大家さんに、そして、保険会社に相談しましょう。