賃貸に住むときの事

賃貸で世帯主と同居人


トップ » 賃貸で世帯主と同居人

もっと情報一覧

賃貸物件で必要な住民票

賃貸物件を契約する際に提出する必須書類には、住民票があります。一人暮らしの場合、世帯はひとつとなるため、住民票の世帯主欄にはそのまま本人の名前を書いておけば問題はありません。ですが、家族以外の他の誰かとルームシェアをする場合は、住民票の世帯主欄に誰を書くのか悩んでしまうことはないでしょうか。結婚を前提としていたり、同棲の場合であっても、籍が同じではない場合、別の世帯とみなされます。そのため、住民票の欄にはそれぞれ本人の名前を書き、賃貸会社に提出することになります。そのことによって借りられない等の問題はありません。

世帯主としての責任を持つ

結婚してからも実家に暮らしていましたが、ついに賃貸マンションに妻と子供の3人で住むことにまりました。これからは私が一家の世帯主です。一家を幸せにすることと、養っていくことを心にきめてがんばっていきます。借りるマンションとはいえ、新築でとてもキレイでかつ、広いので3人ではもったいないかなとは思いますが、妻も間取りや雰囲気など気にっていたのでここに決めました。父からも、これからしっかりやっていけと渇をいれてもらい身が引き締まるおもいです。新天地で家族と協力し、この賃貸マンションで、幸せな家庭を気づいていこうと思います。これからは、一家の大黒柱として引き締めていきます。